酔っ払い鶏(酔鶏/チョイガイ)の作り方<推測(笑)>

ノンノンさんがチャイニーズレストランで食べた酔っ払い鶏(酔鶏/チョイガイと読むそうです)。鶏肉好きとしては見逃すわけにはいかず、自分で作ることにしました。
・・・が、レシピがなんぼ探しても見つからず・・・、酔っ払い鶏を作って食べられたことのあるイラストレーターの小野寺光子さんからレシピを教えていただき、ようやく作る体制にはいれました。

・・・・が、今度は材料がなかなか揃えれず。(ただの買い忘れなんやけど)

b0061443_1934334.jpg今日、最後の材料となる骨付きもも肉を鶏肉専門店で買ってきましたので準備は揃いました!
でも、僕は作ったことも食べたこともないし、(作り方が)これで合ってるかどうかは保証しません。
逆に、知ってる方、アドバイスお願いします。

さて、鶏肉なんですが、後で骨を抜き取りやすいように切り込みを入れてもらいました。
自分でやってもええねんけど、うちの包丁、めさくさ切れ味悪いんで・・・。^^;;

まずは全体に塩をふってすり込みます。
ああー、なんか鶏ハム作りを思い出しますわぁ。
b0061443_197138.jpg

すり込んだら15分ほど放置します。
その間にお湯を沸騰させます。
3リットルの水を強火で沸騰させてたら、ちょうど15分ぐらいになるんで要領よくせなね。
b0061443_19123075.jpg

沸騰したら火を止めて、放置してた鶏肉を骨がついたままドボンと沈めます。
蓋をして30分ほど待つ・・・。この間に漬け込むスープの準備にとりかかります。
ボウルに老酒を大さじ2、塩、砂糖、それぞれ小さじ3を入れ、粒山椒を少々入れておきます。
これで残り25分以上ありますね。ひたすら待つのみ。(笑)
あ、そうそう。僕は何かと勘違いして吉備砂糖を使ってしまいました。ちょっと違う味になるかもしれん。^^;

30分経ったら蓋をあけて様子を見ます。
火が通ってそうだったら引き上げるんやけど、まだ足りんみたいやったし、お湯も外気の影響で少し冷めてしまったんで、弱火で数分、火が通るまで追加で煮込んでみました。

b0061443_1926496.jpgさっきのとは別のボウルに氷水を入れて、そこに鶏肉を移して骨を抜き取ります。
後で食べやすいサイズに切るんで、めちゃくちゃ丁寧にする必要はないと思います。
キレイに抜き取りたい場合は、ナイフを使ってもいいと思いますが怪我しないように気をつけてください。
ハイ、まな板にとって食べやすいサイズにカットします。

b0061443_19311065.jpg

さきほどのボウルに鶏を煮込んだお湯を300ccほど流し込み、その中に鶏肉を入れます。

b0061443_1934559.jpgあとはラップをして冷蔵庫で半日寝かせます。
ちょっと浮いてしまうんでラップをこんな感じでボウルの内側にピタッとはって落し蓋みたいにし、さらにその上からラップをしてみました。
これなら外に臭いが出ないし、しっかりと酔っ払ってくれそうでしょ?(笑)

ああ、半日後が楽しみやぁ♪

⇒ そして、半日後・・・・


レシピブログ
レシピブログにこの記事を推薦する


にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
[PR]
by LuckyStarRingo | 2007-11-10 19:55 | おかず(サブ)
←menuへ